マンション・アパート 2019.10.09

中川区のナチュラルな内装のフルリノベーション その2

中川区のナチュラルな内装のフルリノベーション その2
  • 間取り 1LDK
  • 床面積 50.05㎡
  • 建物タイプ マンション(RC構造)
  • 所在地 愛知県名古屋市中川区
  • before
  • after

中川区、ナチュラルな内装のフルリノベーション物件
今では大人気で空室無しのマンションに!

 

こちらは、中川区の相続対策でリノベーションをしていただいているお客様の物件です。
前回こちらでご紹介したマンションの別のお部屋になります。
以前フルリノベーションしていただいて一度入居者様が都合により退去されました。

退去後一部軽い修繕を行い再度募集したところ、すぐに入居が決まったお部屋です。
募集用の案内をつくったのですが、すぐに決まってしまったので公に出ることもなく無意味でした。笑

そんな退去後の入居も早いお部屋の内部を是非ご覧ください。

 

 

 

まずは間取りをご覧ください。

 

 

 

とても明るいひろびろとしたLDK。キッチンも使い勝手が良いカウンター付き

 

 

一番奥の南側のリビングは明るく開放的なリビングです。
広さも十分で、床は無垢のフローリング。
裸足で歩くと良くわかりますが、とても優しく冬ぬくもりを感じる床です。

カウンターシステムキッチンは使い勝手がよく、出来たお料理をどんどん置いていけます。
片付けのときも効率が良いですね。

明るさも十分なのでハーブなんかも育てられます。

 

カウンターも3段あるので、ちょっとした小物や調味料なんかもそっと置けます。
取り皿を置いたり、グラスを置いたり。
生活スタイルに合わせて大活躍です。

 

 

使いやすいシステムキッチン。3口コンロでお料理が楽しくなる!

 

こんなにも収納が必要なのか? と思うほどの収納力のキッチン。
お鍋とボウル、お玉にしゃもじ。
二つくらいの引き出しで足りてしまいそうですが、コンロ・シンクのところ以外は全部収納です。
お米、お醤油やお味噌、いろいろ入れてもまだまだ入ります!
そして、キッチンの床はタイル貼りなので、水や油がはねてもさっとひと拭き。
お掃除の手間が省けます。

そして、ふと後ろを見るとレンジやケトルを置くカウンター、扉つきの食品庫・収納庫、冷蔵庫置き場があります。キッチン家具を買う必要がありませんね。

 

リビングとキッチンの全体はこんな感じです。

居心地がよさそうですね。

 

 

リビングの奥はニッチ(飾り棚)つきで一工夫

 

ニッチという飾り棚。
写真を並べてみたり、ちょっとしたフィギュアを置いて見たり。
遊び心を弾ませていろいろ楽しめそうな飾り棚です。

 

 

 

 

大きめのウォークインクローゼットに全部入れて外はすっきり

 

生活するうえでは必要だけど、誰か来た時には隠しておきたい。
そんなものがたくさんありますよね。
そんなときは、おおきなウォークインクローゼットはとっても便利!
どんどん入れて、普段は隠しておきましょう。

 

 

洗面、お風呂、トイレは全て新品で清潔に

女性にとって水周りはとても気にする場所ですよね。
直接肌が触れる箇所でもあるので、やっぱりきれいなお風呂に入りたい! お化粧が楽な洗面台がいい! といった要望も良く聞きます。

ちょっとこだわった洗面台

あるととっても便利な洗面所の稼動棚。

キレイで明るいバスルーム

ゆっくり落ち着いて過ごせるトイレ

カウンターもついてスマートフォンが置けたり、ちょっとした単行本でも置いて、いつまでも落ち着いて過ごせます。
タオルハンガーやトイレットペーパーのホルダーもワンランク上の金属製のものを使ってホテルのようなトイレです。

 

北向きの玄関なのに、明るい!

北側玄関はとても暗く感じます。
でも、こんなに明るくなります。

そして大容量シューズクローク。
オシャレな入居者様が喜びます!
趣味の多い男性もゴルフバッグやスノーボードなどアウトドア用品もここに入ります。

築30年前後ですが、じきに相続を迎える準備のためフルリノベーション

いずれくるであろう、相続対策のためにフルリノベーションをお考えの大家さん。
相続でリノベーション? と思われるかとおもいますが、古くなったマンションをそのまま相続すると、修繕に多額の費用がかかってしまい、お家賃をいただいてもほとんど修繕に回すことになってしまいます。
しかし、相続前に修繕や改装を済ませることで いざ 相続したときに毎月お家賃が利益になっていくということです。「現金と未修繕のマンション」を相続した場合と、「改装済みのマンション」を相続した場合とでは、どちらが相続税が高くなるかは、予想できますね。

また、そのお部屋はガスや水道の配管もやり直しますから、水漏れ等のリスクも少なくなります。

相続時に空室率を0%に近づけたマンションを所有していたいですね。

記事一覧