コラム 2020.02.13

賃貸経営 大家さんの有効な節税対策とは

賃貸経営 大家さんの有効な節税対策とは

不動産投資の行う場合、節税対策を考える必要があります。個人事業主やサラリーマンといった個人の属性は関係ありません。収入が多ければ多いほど、課税されることは万人に共通しているためです。では、大家として有効な節税対策を行っていくにはどうしたらいいのでしょうか。

 

1.経費も考慮しても節税対策になるとは限らない

経費は個人でも法人でも申告を行う時には、考慮しなければならない要素です。しかし、どこまでが経費に含まれるのかをしっかりと把握していなければ、税理士に頼ったとしても節税できるとは限らないのが現状です。

 

加えていえば、税金の計算においては1年間の総収入が非常に重要であり、何がどのように決してして扱えるのかを白色執拗があるといえるでしょう。ちなみに、法人と個人では扱いが異なるため、そういった点も自分で把握する必要があるといえます。

 

不動産投資において経費として扱えるものは、リフォームや管理費、広告費などは全て経費として扱うことが可能です。特に収益を上げながら、経費も削減していくといった視点から考えると、広告の出し方やリフォームにお金を割くことによって有効な節税対策となるでしょう。

 

不動産投資は何と言っても、空室を埋めることが最優先事項だといえます。また、関係する書類については、全て残しておきましょう。

 

2.節税対策には知識が必要

収入をあげながら節税を行うためには、節税を目的として経費を使用しないことが非常に重要です。節税ばかりに焦点を当てると、収益に関しては非常に低い金額となることも少なくありません。

 

総収入から経費を行くことによって、数字上は赤字のように見えるものであっても手元にある程度の金額が残れば、節税は成功だといえます。

 

例えば、経費となるものをある程度想定しておいたとしても、それが放送収入を全て上回るとは限りません。しかし、空室を埋めることができたとしたら、経営上は何も問題がないといえます。つまり、ある程度の費用が発生したとしても最終的に手元に残る金額がプラスとなれば何も問題ないということです。

 

そのため、単純に物件を購入するだけでなく、経費を増やす方法を模索していく必要があります。そして、経費を安くする方法として、個人ではなく法人に所有を意見することによって、税金が加算されます。そのため、個人で購入するのか、法人として購入するのかといったことも考慮しておく必要があります。

 

また、確定申告の際も白色申告ではなく青色申告を行いましょう。

記事一覧