コラム 2020.03.06

なぜか根強い人気『土間のあるリノベーション賃貸マンション』

なぜか根強い人気『土間のあるリノベーション賃貸マンション』

今まで200室以上のお部屋をリノベーションしてきましたが、土間のあるお部屋は本当に人気があります。

一度入居するとなかなか退去しない。退去してもすぐ新しい入居者が決まり、空室がほとんど出ないのが「土間のあるお部屋です」

初めて、土間のある部屋を提案した時は、正直不安がありました。
一部屋分のスペースをなくして土間にしてしまうのだから。

しかし、いざ完成すると、入居者の反応はとてもよく、今ではリピートの途絶えない人気の部屋になっています。

なぜ、ここまで人気があるのか私なりに分析してみました。

 

「ワクワク」ダントツ人気ナンバー1「土間のあるお部屋」

人気のポイントを一言でいうと「ワクワク感」です。

土間があることで、
「その部屋に暮らすこと」プラス「その部屋で何かができる」とワクワクした気持ちを感じてもらえるのでしょう。

その部屋に入居する目的に、暮らすことと別の目的がプラスされることで、他の部屋では達成できない「楽しい暮らし」を入居者に想像させます。

 

例えば、アウトドアが好きな方なら、土間でキャンプ道具の準備や整備をすることができます。
自転車やスキー、スノーボード、魚釣りの道具などのメンテナンスもできますね。

ステンドグラス製作や陶器づくりが好きな人も、ここの土間なら気兼ねなく趣味に没頭できます。
半屋外的な空間なので、多少の汚れを気にしなくてすむからです。

部屋の中では汚れが気になり出来ないことでも、半屋外的な空間なので、汚れを気にせず色々なことができます。

 

では、このような趣味をすでに持っている人しか、この部屋の魅力を感じないのでしょうか。

いいえ、そうではありません。

今まで、このような空間がなかったために、心のどこかでは、始めたいと思っていた趣味を我慢している人。このような趣味を持ちたくても出来なかった人たちはたくさんいます。
土間のある部屋に住むことで、今まで出来なかったことが始められる。
心の奥にしまい込んであったものを表にだすことができる。
そんな解放感、ワクワク感が土間にはあり、人を弾きつけているのでしょう。

 

では、土間を作ることのデメリットはないのでしょうか。

土間を作ることで、本来小部屋がひとつ作れるスペースをなくして一部屋つぶしてしまうデメリットがあると思います。

しかし、土間を、玄関横の共用廊下に面した北側のスペースにつくることで、メリットにすることも出来ます。

共用廊下に面した部屋は、廊下を通る人の気配が気になって使いにくい面があります。
収納部屋になって使われないままの部屋になりがちでした。
そこが、土間になることで、より有意義な空間に生まれ変わります。

使い方は自由なので、収納スペースに使っても構いません。
もともと使いにくかった部屋を土間スペースにすることで、マイナス面をプラス方向に変えることになります。
一見何もない空間ですが、何もないからこそ、色々なことができる魅力に弾かれ、ワクワク感を感じてもらえるのでしょう。

まとめ

土間のある部屋が、なぜこれほど人気があるのかご理解いただけましたか。
ここで間違えてはいけない事があります。
それは、土間があれば必ず人気の賃貸アパート・マンションになるわけではないということです。
土間は、あくまでもプラスアルファの要素で、本来の「暮らしやすい部屋」があって、土間の良さが引き立つのです。
その部屋で「快適に暮らす」にプラスして「楽しく暮らす」ことができるのが、土間のあるお部屋です。

また、それは土間でなくても構いません。

 

例えば、最近人気がある「ガレージのある賃貸住宅」もそうです。
「暮らす」ことに「ガレージ」という要素をプラスすることで、そこでの楽しい暮らしを想像することができます。

合わせてお読みください

スキップフロアがある家でのびのびと心地よい暮らし

 

賃貸住宅だからできる、「こんな暮らし方」「あんな暮らし方」いろいろな暮らし方ができる賃貸アパート・マンションを作るお手伝いが出来たら幸いです。

 

 

こだわりのリノベーションで新しい資産価値のあるお部屋にしてみませんか?

不動産賃貸経営を行う大家さん。中古物件を購入し、リノベーションを考えているオーナー様。

『土間があるリノベーション賃貸に憧れるけど、自分の所有する部屋では実現は無理だろう』とあきらめてしまっていませんか?本当はやってみたいのにあきらめてませんか?

 

まずはご希望をお聞かせください

漠然とした雰囲気のイメージだけでも構いません!

こんな風にしたいと完璧なプランをお持ちいただいても構いません!

まずは、オーナー様の思いをお聞かせください。

 

リノベーションで叶える新しい資産価値のあるお部屋に

今まで200室以上のお部屋をリノベーションしてきました。その経験から、それぞれのお部屋が持つ特性を最大限に活かし、築古アパートマンションでも、新築物件に負けないような新しい資産価値のあるお部屋をご提案します。

 

レトロデザインの強み

一級建築士が施工開始から、アフターサポートまで責任をもって担当いたします。

補助金の活用や、リフォームローンの組み方、相続税対策など税金のことまでなんなりとご相談ください。

※お問合せ・お見積りは無料です

・リフォームリノベーションについて

・ローン、補助金、節税対策について

・長期修繕計画のご相談

・空室対策 etc…

  お問合せフォーム(無料)

からご連絡ください。

記事一覧